サッカー

【前十字靭帯断裂】シニアサッカー復帰を目指す40代|ケガ当日〜1週目

ヒロ
ヒロ
【2021年5月】シニアサッカーで左膝前十字靭帯断裂(T_T)40代でこの大ケガ。さてどうしたものか、、

 

↑受傷直後、グラウンドに倒れ込む本人(引用元:チーム撮影動画より

 

シニアサッカーはこれから競技人口も増えて、どんどん盛りあがるでしょう。

 

となれば、40代以上で同じケガしてしまい、スポーツ復帰を目指す人も増えるかもしれません。

 

そんな後輩たち?のために少しでも参考になればと思い、シニアサッカー復帰までの道のりをブログに残すことにしました。

 

なお、これは私の体験談です。

 

もし同じケガをされた方は、必ず専門医にご相談のうえ治療してくださいm(_ _)m

40代で前十字靭帯を断裂するということ

前十字靭帯断裂は全治9ヶ月です。

40代でこの大ケガ、今後のことを考えるとたくさん心配事がありました。

前十字靭帯をケガして心配になったこと

✅40代で大ケガ。ちゃんと治る?
✅手術しない治療法ある?
✅手術すると痛い?
✅手術後いつサッカーできる?
✅入院はどのくらいの期間?
✅リハビリって辛い?
✅入院中、仕事と家族どうしよう…
✅治療費いくらかかる?
✅加入してた保険使える?

などなど。。

 

そもそも、

 

「もう40代だし、ちゃんと治るか?」

「サッカーは引退かな、、」

 

こんな感じでだいぶ気持ちが揺れました。

 

でも結局、サッカー復帰を目指してリハビリを頑張ることにしました。

 

一番の理由は「まだサッカーやりたい!」でした。

 

あとは何より、目標があった方が早く治ると思ったからです。

前十字靭帯断裂の瞬間「パキンッ」と音が鳴った

ヒロ
ヒロ
「今日はスピード上げてプレーしてみよう!」

その日は体調が良かったため、気合い入れて試合に臨みました。

 

味方からパスをもらい、敵を抜こうと急ターンした瞬間。。。

 

「パキンッ」と渇いた音が鳴って、左膝がいきなり崩れ落ちて転倒しました!!

 

ふつう膝は「前後」に曲がるはず。。。

 

なのに、それが『真横』にグニャっと折れ曲がった感覚。

 

これまで経験したことない異常な曲がり方でした。

 

強烈な痛みで立ちあがれず、チームメートにベンチまで運んでもらいました。

 

20〜30分もすると左膝が2倍くらいパンパンに膨れあがっていました。

 

ベンチから試合を見ながら、

ヒロ
ヒロ
「これはちょっとヤバい怪我かも、、、」

と、ボーっと考えてました。

 

前十字靭帯断裂から一週目の様子

受傷一週目でやったこと

①安静にする
②徹底的にアイシングする
③松葉杖とサポーター購入(足に負担かけないため)

ケガした日はちょうどゴールデンウィーク。

 

どこの病院もお休みで、連休明けを待つしかありません。

 

とりあえず自宅で安静にして、あとは徹底的に氷水でアイシングしました。

 

この時はまだ診断前のため、「前十字靭帯断裂」はまったくの予想外でした。

 

ただ、結果的に「良い処置だった」とあとあとドクターに褒めてもらいました(^^)

初日〜3日目(痛みで眠れない)

最初の3日間はズキズキと強い鈍痛で、眠れないほどでした。

 

腫れが大きすぎて膝が曲がらず、歩くことすらできません。

 

お風呂やトイレは仕事用チェアに乗ってゴロゴロと移動しました^^;↓

 

この間は家事も子供の世話も何もできず、妻にだいぶ迷惑をかけました。。

 

さすがに不便だったので、Amazonで松葉杖と膝サポーターを注文

違和感なく使いやすい松葉杖♪
↓↓↓

ザムストの万能サポーター(スポーツ中も使える)♪
↓↓↓

4日目〜6日目(自力で歩けるくらいに)

注文してた松葉杖と膝サポーターが到着。

 

おかげでなんとか自力で移動できるように(^^)


ただ、5日目にくらいなると腫れも少しひいて、ゆっくりなら自力で歩けるくらいになっていました。

 

この期間も変わらずアイシングは徹底しました。

 

7日目(病院へ)


ケガした日からちょうど一週間、予約していたスポーツ専門の整形外科へ。

 

7日目になると、松葉杖無しでもなんとか歩けるくらいに。

ヒロ
ヒロ
「これだけ早く回復するなら意外と大したケガじゃないのかも?」

 

そんな希望的観測で病院に行くと、認識が甘かったことが分かります。。

 

まずはドクターにケガした時の状況を伝えます。

 

すると診察台ドクターは触診し(※ラックマンテスト)、私の膝を軽く伸ばしたり曲げげると、、、

 

ドクター
ドクター
あ〜、これ靭帯切れちゃってますね。確認のためMRI撮りましょうか。

 

あまりにもサクッと言うのでびっくりしました。

 

ヒロ
ヒロ
えーっ!靭帯切れてるんですか?だってふつうに歩けますよ??

 

と焦って聞き返すと、

 

ドクター
ドクター
靭帯切れても腫れがひくと歩けますよ。それで「治った!」と勘違いする人多いんですよね〜。
ヒロ
ヒロ
へー、そうなんですか。。。

 

ということで、「誤診であって欲しい」なんて思いつつ、MRIで確認することに。

 

MRIで「前十字靭帯断裂」と診断される


※MRIイメージ
靭帯はレントゲンでは写らないため、MRIで確認します。

 

MRIはこんな感じだった

初めてのMRIは少し緊張しました。

まとめるとこんな感じでした。

MRIはこんな感じ

✅20分くらい
✅金属類は全て外す
✅部屋は少し寒い
✅音がうるさい
✅撮影中は動いてはダメ
✅費用は8,000円程度

膝を固定され、ヘッドホンを装着して(音がうるさいので)MRIに流し込まれます。

 

膝のみ撮影のため、膝下までしか造影機には入りませんでした。

 

直前に検査技師に「撮影中は絶対動かないでくださいね。動くと撮れないので。」と言われたので、ずっと固まってました。

 

「ガーッ、ギュオ〜ン!」と大きな音が鳴り響き、20分ほどで撮影完了。

 

いざ診断へ、、、

診断!「前十字靭帯断裂してますね」

再び診察室に呼ばれます。

 

ドクターの前のパソコンにさっき撮ったMRI画像が並んでました。それを見ながら、、、

ドクター
ドクター
やっぱり前十字靭帯断裂してますね。治すなら手術と入院、あとリハビリが必要ですよ。

 

ヒロ
ヒロ
え?手術??入院???

 

いきなり「手術」「入院」という重めのワードが飛び出たのでかなりビックリ!!

 

ということで、その場で思いつく限り質問しました。
↓↓↓

✅手術しないで治せる?
→治せない
 
✅手術しなくてもいい?
→日常生活は問題ないけどスポーツはできない(やらない方がいい)。
 
✅このまま放置したらどうなる?
→放置すればいつか変形性膝関節症になる(かも)
 
✅入院費用は?
→(たぶん)10万円〜20万円くらい
 
✅入院期間は?
→一週間〜10日くらい
 
✅入院する病院は?
→紹介先の総合病院
 
✅サッカーできるのはいつ?
→9ヶ月後が目安
 

今まで大したケガもなく、週末は当たり前にサッカーやってきました。

 

なので、「せいぜい1-2ヶ月休めば復帰できるだろう」くらいのノリで病院を訪問したのです。

 

それが突然「前十字靭帯断裂、手術、入院、リハビリ、9ヶ月」とバーッと宣告され、さすがに焦ってしまいました。。

前十字靭帯断裂の診断にかかった費用

参考までに、「前十字靭帯断裂」の診断時にかかった費用を記載しておきます。

 

前十字靭帯断裂の診断費用

✅診断費用:5,590円
✅MRI:8,020円
✅サポーター代:7,569円
合計:21,179円
※会社員なので組合健保

 

※サポーターは医療用の本格的なやつを買わされました^^;

 

これから40代おっさんの入院、手術、リハビリ生活が始まります。

 

その様子を今後またブログにあげたいと思います。